鹿沼ぶっつけ秋祭り 開催日
about yatai hayashi schedule information reference
祭りの起こりは民衆から
 慶長十三年〔一六○八年〕三月、戦国の世が過ぎ一時荒廃していた鹿沼宿の復興は、今宮神社再建を機に始まりました。
この年は、日照りが続き、大旱魃となりました。氏子や近郷の人びとが今宮神社に集まり、雨乞いの祭りを三日三晩続けたところ、霊験あらたかに激しい雷雨がおこりました。この霊験を敬い、雨のあがった六月十九日を宵祭り、翌二十日を例祭とすることになったのが今宮の例祭の始まりと伝承されています。
 屋台は当初、氏神への奉納する踊りなどの舞台として移動できる簡単な屋根付の台でした。寛政に入り、付け祭りが盛んになるにつれ、囃子方が屋台の中に入ったこともあり、屋台をつくり替えたり、新屋台をつくる地域も出始めました。
 それまでの踊り屋台としての機能は引き継がれましたが、芸場は狭くなり、別に「踊り台」を設けて屋台の前に据え、踊りや狂言を演じるようになりました。このころから屋台は黒漆塗となり、一部を彩色し、現屋台の祖形になったと伝えられています。

T06
大正6年 吾妻町屋台(現在の銀座一丁目屋台)
S36
昭和36年 銀座一丁目屋台



about_gyouji about_yougo about_shisetsu






LAST UPDATE : 13/06/12
鹿沼ぶっつけ秋祭り実行委員会事務局
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1
(鹿沼市観光交流課内)
Tel:0289(63)2188 / Fax:0289(63)2189
Copyright © 2012 鹿沼ぶっつけ秋祭り実行委員会 All rights reserved.