buttuke yatai hayashi schedule information reference
title
田町下組
中田町
nakata
下田町
shimota
天保年間製作 鬼板の三頭の龍と懸魚の龍との生き生きした表情、車隠しは牡丹に唐獅子で、精巧な籠彫りの玉が添えられ、彫師の巧みな技が遺憾なく発揮された屋台。

文久2年制作 彫師は石塚吉明 箱棟の高さが最も高く、逆に台輪は最も低いので、彫刻の占める面積が広く、覆いかぶさる鬼板の竜と相まって、重量感のある屋台。

下横町
shimoyoko
銀座一丁目
ginza1
文化年間製作 小型屋台で、彫刻の鬼板と懸魚の芙蓉は一体となって華麗さを誇り花鳥を主とした美しい屋台で、脇障子は、額付き明かり障子窓の形で、文化・文政時代の特徴を示した屋台。

文化11年製作 黒漆塗に白木彫刻という特異な様式であり、時代背景が現されている屋台。彫師は、磯辺凡龍斎 竜の彫刻が多く、脇障子の鷲と猿の構図は目を見張るものがある。

末広町
suehiro
東末広町
higashisuehiro
明治15年製作 鬼板・懸魚の牡丹と獅子、柱飾りの葡萄とリスの彫り物に特徴がある。鹿沼では、数少ない柱飾りの彫刻がある屋台。 昭和57年製作 大工棟梁元野勝三、五郎兄弟、宇賀神久男 彫刻は辻 幹雄など多数の彫師が携わり鬼板・懸魚には、荒波から竜が天に昇る様を描いたものです。





kamigumi shimogumi tamachishimogumi tamachikamigumi






LAST UPDATE : 2016/04/19
鹿沼秋まつり実行委員会事務局
〒322-8601 栃木県鹿沼市今宮町1688-1
(鹿沼市観光交流課内)
Tel:0289(63)2303 / Fax:0289(63)2189
Copyright © 2016 鹿沼秋まつり実行委員会 All rights reserved.